いじめ・パワハラ・誘拐を許すな。さあ皆で立ち上がろう!

Home

ユーザ登録

初めてエマレコを起動すると、エマレコを利用している時に、位置情報を利用して良いかを尋ねる許可画面が出ます。

Registration Screen

※許可すると、あなたがエマージェンシーモードを発動したときに、緊急連絡先の方に位置情報を知らせることができます。

同時に、通知(ノーティフィケーション)を受け取るかを尋ねる許可画面が出ます。

Registration Screen

※許可すると、あなたを緊急連絡先に登録しているスマホが、エマージェンシーモードになった時に通知(ノーティフィケーション)が届きます。

続いて、ユーザ登録が表示されます。

Registration Screen

ユーザ名

ユーザ名は半角英数。

Eメール

Eメールは正しく入力してください。

パスワード

パスワードも半角英数と記号が利用できます。

※後で変更はできません。

※機種変更をされた場合には、以前と同じユーザ名、Eメール、パスワードを入力することで、購入された商品と緊急連絡先をリストアします。

 

緊急連絡先登録

エマージェンシーモードを利用したときに、音声と位置を知らせる緊急連絡先、例えばご家族や友人などを登録します。

Registration Screen

 

設定

設定では、お好みに合わせてエマレコをカスタマイズできます。

Registration Screen

緊急連絡先登録

登録済みの緊急連絡先情報を確認したり、追加、変更ができます。

iCloul シンク

iCloudに最新ファイルをバックアップすることができます。

録音音質

録音のクオリティーを指定します。低にすると若干ファイルサイズが小さくなります。高がお勧めです。

録音時間

1ファイルに録音する長さを秒数で指定します。60秒、120秒、300秒、600秒から選択します。

保存ファイル数

繰り返し録音に利用するファイル数を指定します。 10を選択すると、10個目のファイルへの録音が終了すると最初にもどり、1個目のファイルから順に上書き録音していきます。

※ベストの音質+60秒間の録音すると約0.5mbの容量となります。

誤報防止期間

エマージェンシーモードをオンにした後、実際にSOS信号を発するまでの待ち時間を指定します。

間違えてエマージェンシーモードに入ってしまったとき、誤報防止期間内であれば、スイッチでキャンセルする事ができます。

 

ボイスレコーダー

日常利用できるシンプルな連続繰り返し録音型のボイスレコーダです。ボイスレコーダとしての機能は無料です。

Registration Screen

録音

連続繰り返し録音をを開始します。録音が開始されるとマイクが回転します。

ストップ

連続繰り返し録音を停止します。

リスト

録音済みのファイル一覧画面へ移動します。

※連続繰り返し録音型とは、録音をオフにするかiOSによって終了される※1まで、連続して録音します。繰り返し録音で設定したストーレージ領域の範囲内で録音されます。

タイムマシンで過去に戻るように、常に最近10分間の音声を再生できます。 ドライビングレコーダーの様に、あらかじめ決められた領域内を利用して常に録音します。

※1 iOSが録音を中止するのは、通話が始まったときや、ビデオ録画が開始されたときなどです。

 

ファイルリスト・再生

リストの先頭にいある三角マークをタップすると再生します。

Registration Screen

ファイルは、スライドで削除できます。

また、「編集」をタップするとファイルを選択してまとめて削除することができます。


 

エマージェンシーモード(有料機能)

エマージェンシーモードに移行するには、エマレコを開いてスイッチをオンにしてください。

Registration Screen

エマージェンシーモードになると、あらかじめ登録してあった緊急連絡先の方に、Eメールで位置情報と録音が終了した最新のファイルを送信します。この機能で、ご家族の方がお子様の現在のおかれている状況を地図、住所と音声で確認することができます。

 

 

ファイルスライド

ファイルをスライドしたら出てくるメニュー

Registration Screen

ファイル名の変更

ファイル名には、半角英数が利用できます。

ファイル名を変更することで、繰り返し領域からはずされ、上書きされずにスマホ内に保存しておくことができます。

 

Eメール送信

指定したファイルをあて先を指定して、Eメールに添付して送信します。

 

録音ファイルの匿名Eメール送信(アプリ内購入・有料機能)

録音したファイルにいじめの現場があったり、セクハラの現場があった場合などで、特に自分が送ったことを知られずに誰かに聞いてもらいたい場合に利用できます。

 

↑ PAGE TOP